ブログ

日々これ徒然

essay & opinion

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
(O) (1)
(S) (1)
(T) (4)
(Y) (4)
月別表示
(M04E)

初めての北海道 2/5(M04E)

旅の拠点として札幌を選択。
北海道までの移動および北海道内の移動手段はもちろん鉄道だ。
東北新幹線ー北海道新幹線で新函館北斗まで行き、そこから在来線で札幌を目指すという、完璧な計画である。
ところがその旅行計画に大きな問題が発生した。
べらぼうに旅費が高いのだ。
「北海道に行くためにはここまでかかるのか・・・」
驚きの価格である。
収入が殆どなく、出る一方である今の状況の僕には、おいそれと出せる金額ではなかった。
もとの収入を得られる状態に戻るために、高額の出費が強いられるということになる。
「世知辛い世の中だ。これは北海道は無理か・・・」
と半分あきらめかけたとき、ふと
「鉄道ではなく、飛行機だったら値段はどのくらい変わるのだろう」
と思いつく。
飛行機に乗ることが無い僕には、飛行機代はまったく見当がつかない。
鉄道と同程度の値段だろうか、いや、飛行機だからもっと高いのだろうと僕の第六感が告げる。
ちなみに僕の第六感は役に立たないことで僕の中では有名である。
はたして、予想通り第六感は大きくハズれ、飛行機の値段は鉄道の3分の1程度。
羽田ー新千歳往復と札幌ビジネスホテル4泊合計で、東京ー新大阪間新幹線往復と同程度の値段である。
この値段なら問題はない。
しかし・・・
「飛行機かぁ。
『飛行機絶対乗らねぇから!!』と周りに宣言して今まで生きてきた。
 これを今更覆して良いものか・・・」
と5秒ほど悩んだ。
が、そもそも人生、朝令暮改。
朝の想定と異なる昼の出来事を踏まえ、夕方は柔軟に対応するのが僕である。
そんなことは気にするほどのものではなかった。
問題は「飛行機に乗る」、これである。
端的に言うと飛行機に乗ることが怖いのだ。
船が水に浮くのは分かる。
浮力が犯人だ。
電車が走る仕組みも分かる。
電気でモーターを回して動力を得ているのだ。
だが飛行機の飛ぶ仕組みは未だ分からない。
どういう理由で空を飛ぶのだろう。
理解できないものは恐怖でしかない。
「やはり飛行機に乗るなどやめたほうが良いのではないか・・・」
と10秒ど悩んだ。
が、現状を変える起爆剤として、北海道行きにプラスして一世一代の勇気を出して飛行機に乗ることができれば、効果は抜群である(根拠なし)。
しかも飛行機に乗るという偉業を達成することにより一皮むけた違いの分かる男になれるはず、との考えに至り飛行機を使用した旅行を予約した。

3/5につづく...

2021年04月06日

一つ上に戻る

先頭に戻る