ブログ

日々これ徒然

essay & opinion

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
カテゴリ
HE (1)
(O) (1)
(S) (1)
(T) (4)
(Y) (4)
月別表示
(M07E)

怖い話(M07E)

あれは、一昨年の5月だったと思います。
その日は土曜日、仕事は休み。 
初夏で外は本当に爽やかな天気でしたが、基本的にヒキコモリな私はその日も家に居ました。
ちょうど数か月前から、ホラー映画だの実話怪談だの、所謂「怖い話」にハマっていました。
その日も例に漏れず、デスクトップPCでオカルト系の動画をずっと流していました。
とある著名人から
「”聞くと何かしら障りのある音源だ”という触れ込みの留守電メッセージを披露する」
という流れになり、私は直感的に
「これは聞きたくないかもしれない」
と思いましが、あらゆるオカルト系動画を見尽くしてしまっていた私は
「次に見るもの探すのめんどいな...」
という気持ちについ負けてしまい、その音声を流したままにしてしまったのです。
その録音は予想以上に長く、また予想した通り非常に心地の悪い音声でした。
どんどん気持ちが滅入り、窓から差し込む明るい陽射しにも関わらず
「心なしか部屋の空気まで陰鬱になるような...」
と、思い始めた時でした。
玄関の照明が唐突に点いたのです。
我が家の玄関照明は人や動物など、ある程度の大きさのものが動いた時に自動で点灯するセンサーライトです。
見る限り何も動くものもない中、ひとりでに点灯するという謎の現象でした。
この日にかぎり3回ほど発生したのですが、それ以降、このような現象は起きません。
怖いというよりも、わーお不思議!という気持ちだった私は
「誰か来てるのかなぁ...見えないけど...」 
「そこに居てもいいけど、適当なとこで切り上げて帰ってね」
と、虚空に呟いたのでした。
そして翌朝、今度はスリープ状態にしていたPCから、突然音楽が鳴り出しました。
寝ていた私はその音で目が覚めて、まずは手元のスマホを疑い、次にPCを見ました。
この時、PCのモニターは完全に真っ暗で
「音だけ鳴るってどういう状態?」
と適当にキーボードをたたいたところ、なんと、前夜に私が見ていたのであろう「松浦亜弥ヒットメドレー」が再生されていたのです。
「待って!どうしてあややを選んだの!?怖いんだか可愛いんだか!反応に迷うー!!」
うちに来ていた霊も私と同世代だったのか、あややを聴きたかったのか、それとも10時過ぎまで寝ていた私を起こしてくれたのか...
真相は分かりません。
いつか魂の存在が科学的に立証されますように。
アーメン。

2022年05月23日

一つ上に戻る

先頭に戻る