ブログ

日々これ徒然

essay & opinion

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
カテゴリ
HE (1)
(O) (1)
(S) (1)
(T) (4)
(Y) (4)
月別表示
(O03E)

変わるもの。変わらないもの。(O03E)

好きな音楽番組がある。
テレビを見なくなって久しいけれど、その番組だけは録画予約している。
音楽プロデューサー、作曲家、アーティストが曲や音楽のおもしろさを裏方目線で紐解く番組。
何より出演者自身が言わばライバルの曲を、これはすごいのだと超絶に悔しがりながらも嬉々として話す様子がなんとも楽しい。
その番組で「令和に活躍する若手アーティストが選ぶ平成最強ソング」という特集をやっていた。
ランキングは30位~1位まで。
並ぶアーティストは、
S名R檎、Sカナクション、U多田Hカル、Sピッツ、Sザン、αiko、Yず、Tま、Kリンジ、BンプオブCキン
などなど青春を思い出す面々で、とても懐かしく見ていた。
そして見はじめてすぐにある事に気づく。
それらを選んでいる側のアーティストをまったく知らないのだ。
それもそのはず、彼らが活躍するフィールドは、
TikTok、音楽サブスク、YouTube
とひと昔前とはすっかり様変わりしている。
それらの媒体を知ってはいるけれど、触れようとはしていなかった。
変化についていくのが・・・億劫だったのだ。
音楽に限らず否応なしに”変化”が起きている昨今。
若手アーティストたちが言っていた。
「サブスクを通して様々な音楽に触れることができ、良いと思って聴いていたのが昔の曲だと気づくこともある」
カタチは変わっても、良いものは続いていくのだろう。
“変わる”って少し大変だけれど、一歩踏み出してみたくなった。

2022年05月26日

一つ上に戻る

先頭に戻る