ブログ

日々これ徒然

essay & opinion

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の記事
カテゴリ
(O) (1)
(S) (1)
(T) (4)
(Y) (4)
月別表示
(IE)

ビジネス用ボールペン(IE)

スマートフォンを誰でも持つようになり、文字を手書きする機会が減った昨今ではありますが、まだまだ手書きでメモを取る機会は多いかと思います。
ビジネスでメモを取るといえばボールペンだと思いますが、みなさんは〇菱u〇iのジェッ〇〇〇リームというボールペンはご存知でしょうか。
2006年の発売以来、ボールペン売上ランキングでは常に1位。
OKB48総選挙(お気に入りボールペン総選挙)を始めとする人気ランキングにおいてもトップを独占。
まさに油性ボールペン界の絶対王者です。
ではなぜそんなに人気があるかというと、世界初の低粘度油性インクを採用したことによる書き味の良さがあげられます。
従来の高粘度油性インクボールペンでありがちな、書きはじめのカスレや、書いてる途中のインク溜まりがありません。
まるで水性ボールペンのような滑らかな書き味を実現したことで、圧倒的な評価を得ています。
ただ、残念なことに見た目がダサいという決定的な弱点がありました。
150円程度のスタンダードモデルはしかたないとしても、3,000円もするプライムモデルが、まぁダサい。
私は常々、ビジネスでは見栄えのいいのを使いたいと思っているため、このボールペンに憧れながらも、書き味の悪い海外のものを使っていました。
ところが2018年になり、誰もが待ち望んでいたある商品が発売されました。
それがG2規格の本ボールペン用のリフィルです。
そもそもG2規格はなんぞや、というと、英国パーカー社がはじめた、通称”パーカータイプ”と呼ばれるボールペン替芯(リフィル)の国際規格です。
国際規格ということもあり、パーカーを始め、アウロラ、シェーファー、ファーバーカステル、ペリカンといった世界の名だたるブランドに採用されています。
ということは、ペリカンのスーベレーンのような瀟洒な見た目でありながら、中身がジェッ〇〇〇リームという、非の打ち所のないボールペンが手に入るということです。
初めて売っているのを見つけたときは、あまりの衝撃に店頭のものを買い占めてしまいました。
ビジネス用途のボールペンでお悩みの方や、すでにG2規格のボールペンをお持ちの方は、試してみてはいかがでしょうか。

2018年09月25日

一つ上に戻る

先頭に戻る