ブログ

日々これ徒然

essay & opinion

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
(O) (1)
(S) (1)
(T) (4)
(Y) (4)
月別表示
(S4E)

海外旅行(S4E)

いま話題を挙げるとしたら、やはり「新型コロナウィルス情勢」についてだろう。
最近では生活様式すら変わり、非接触型の生活スタイルが定着してきている。
もちろん予防という観点から仕方のない事とはいえ、人との触れ合いの機会が少なくなっていることは寂しく感じる部分もある。
そんな中、国内では「Go to キャンペーン」により旅行の機会が増えているが、まだまだ海外への旅行は難しい状況が続いている。
そんな今だからこそ、私が昔訪れた3カ国を簡潔にご紹介しよう。
今はまだ行けないかもしれないが、少しでも旅行気分が味わえればと思う。
(1)韓国
飛行機でわずか2時間ほどで行くことが出来る、気軽に行ける国、韓国。
街並みも日本に似ている部分があり親近感が湧く。
私が訪れたのは人気スポットの『明洞』。
ショッピングやグルメ、エステなど韓国の魅力がたくさん詰まっており、まずここへ行けば充実した時間が過ごせるだろう。
食べ物はもちろん辛いものもあるが日本人でも食べやすく、本場で食べるサムギョプサルはとても美味しかった。
また、大型テーマパーク『ロッテワールド』もとても楽しかった。
アトラクションはもちろん外国で感じるファンタジーな雰囲気もまた一興。
(2)イタリア
世界遺産数が世界一の国ということもあり、街を歩いているだけで、まるで映画の中にでも入ったかのような雰囲気が楽しめる魅力的な国。
一週間かけてローマ・フィレンツェ・ヴェネツィアを周った。
『コロッセオ』、『真実の口』、『ダビデ像』など美術の世界に浸れる上に、ピザやパスタなどの料理がまた美味しいのである。
もちろんワインも。
時間が足りず、訪れることが出来なかった箇所が多かったためもう少し歳を取ってから、もう一度行きたいものである。
(3)シンガポール
シンガポールで有名なのが、上半身がライオン、下半身が魚の像『マーライオン』や世界最大の屋上プールを有する総合リゾート施設『マリーナベイサンズ』である。
マリーナベイサンズの屋上プールは解放感があり、とても気持ちよかったことを覚えている。
また、シンガポールは多民族国家でチャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートなど様々な文化や料理を近場で体感できるのがとても良い。
国内旅行ももちろん好きだが、自分の知らない世界が垣間見える海外旅行も私は好きだ。
この情勢が落ち着いたら行ったことのない国へと旅したいものである。
いずれ、以前と同じように旅行が楽しめる日が来ることを願っている。

2020年11月24日

一つ上に戻る

先頭に戻る