ブログ

日々これ精進

study & discipline

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の記事
カテゴリ
(H) (25)
(O2S) (13)
月別表示
(SS)

テレワークあれやこれや(SS)

テレワークと呼ばれる仕事の方法が広まってから早2年が迫り、もはや私たちのワークスタイルからは切っても切れない存在になっているのではないでしょうか。
かくいう私も現在暖かい自室でこのブログの原稿を執筆しています。
丁度良い機会なので、今回は過去2年間の私のテレワーク環境の遷移について少しお話します。
開始当初、幸いなことにディスプレイやキーボードなどの機器は自前の物があり、通常業務を行うには十分すぎる設備が整っていたと思います。
一方、今に至っても試行錯誤が続いているのが仕事をする空間自体の構築です。
自宅での業務となると、やはりオフィスとは空気感や周囲の環境が異なります。
特に私の部屋は交通量の多い道路に面しているため、その対策は必須でした。
当初は環境音として適当な音楽をスピーカーから流す等していましたが、作業への集中度に波が出てしまうため、その後は
「無音(キーンと音がなっている状態)」

「サイドモニタに動物の動画を流す」

「焚火の音を流しながらサイドモニタに薪が燃える映像を流す」

「部屋にコーヒーの香りを漂わせながらカフェミュージックを流す」

etc…
のように試行錯誤を重ね、より自身に適した環境を模索していきました。
そんな紆余曲折、試行錯誤を重ねた私の個人的2年間の集大成である現在の環境が『雑踏音+サイドモニタにライブカメラ映像』です。
私はどうやら焚火や雑踏のような不規則な音の中にいる状態が最も作業に集中できるようです。
さらにそこにライブカメラの映像をプラスすることで、毎日どこか旅先の雑踏の中で仕事をしているような気持ちを味わうことが出来ます。
常にフレッシュな気分で業務効率がとても向上するスタイルです。
聞くところによると、最近は窓を模したディスプレイから窓の外を再現した音と映像を流す専用の製品もあるらしく、次のアップデートの良い参考になりそうです。
まだまだ以前の日常が返ってくるには時間がかかりそうですが、それならばと割り切って、皆様も身の回りのアップデートを図ってみてはいかがでしょうか。

2022年02月03日

一つ上に戻る

先頭に戻る