ブログ

日々これ精進

study & discipline

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
カテゴリ
(H) (25)
(O2S) (13)
月別表示
(K06S)

させていただく時代(K06S)

おじさんになると若い人の言動に違和感を覚えるようになる。
今日本を席巻している「~させていただく」ことにわたしは違和感がある。
もうひとつ「~し、~し、~し、~し」も同様に違和感がある。
実はこの現象は若者ばかりでなく、偉い人、有名な人、あらゆる多くの世代で乱用されている。
「させていただく」についてWEBを検索したら、ヒット数約 331,000,000 件。
多くの人々が、怒ったり、嘆いたり、疑問視したり、実に色々な感情が見受けられた。
わたしには”自分の意志が薄弱であるが故の物言い”としか思えない。
そのことに気づいてすらいないとすればそれはおじさんが注意してもよいように思う。
させていただくは、相手に許しを請うことによって、ある動作を遠慮しながら行う意を表すわけだ。
自分のことを自分で決めて自分のために行うことについては、させていただいてはいけない。
「わたしはワクチンを打たせていただく」とすれば、どなたに許しを請うて、遠慮しながら新型コロナウイルスに備えるのだろうか。
続いて「~し、~し、~し、~し」はある有名人が使い始めたことが起源だと考えている。
機会があればそれが誰であるか開陳したい。

2021年09月13日

一つ上に戻る

先頭に戻る