ブログ

日々これ徒然

essay & opinion

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の記事
カテゴリ
(O) (1)
(S) (1)
(T) (4)
(Y) (4)
月別表示
(OE)

世界遺産巡り (OE)

日本の産業革命を加速した小さな海底炭鉱の島。
廃墟となったコンクリートジャングルが往年の暮らしを語り継いでいる軍艦島を訪ねました。
長崎港から船に乗り、天候と海が荒れると上陸できない中、運よく浅橋に接岸できました。
当初は島全体を見学できるのかと思いましたが、多くの建物が朽ち果てており補強もままならない状態で、島の外周の一部に限られました。
見学の中では近づくことはできませんでしたが、日本最古の鉄筋高層住宅が威風堂々とした並外れた存在感を放っていました。
ここで生活していた島民が高層住宅を中心に賑わっていたのだろうと当時の光景が浮かんできます。
台風の時は防波堤の役割を果たしていたようで、島全体を覆うほどの高波から人々を守っていたそうで、なんとも驚きです。
さぞ島民の暮らしは過酷なものだろうと想像してしまいました。
ですが、実際には電化製品の普及率が県下一で映画館やパチンコ店といった娯楽施設が充実し、非常に豊かな暮らしをしていたそうです。
約5000人もの島民が、生活していけたのも当時最先端の都市形成をしていたことが理由だと頷けます。
滞在時間はわずか1時間ほどと短かかったですが、現地に行かなければ知りえない貴重な経験をすることができました。
たまには日常的な生活から離れ、非日常的な経験をすることはいかがでしょうか。
きっと自分の世界観や知識の幅を広げることができると思います。

2019年10月15日

一つ上に戻る

先頭に戻る