ブログ

日々これ徒然

essay & opinion

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
(O) (1)
(S) (1)
(T) (4)
(Y) (4)
月別表示
(A4E)

紫陽花(A4E)

5/9の母の日、まだ蕾の多い紫陽花の鉢植えを贈ってみました。
値段にしておよそ7000円強、2年目の私にはボディーブローのようにジワジワ効くお値段でした。
が、一度ビビッと来てしまったら”これ以外ないな!”と考え即決で買ってしまいました。
身近な人と記念日位は大切にしようと考えて馴染みの花屋に赴きました。
色とりどりの花を見ながら、ふと”最近は季節感といったものを殆ど気にしていないな”と思い至りました。
思えば今年は桜すら見ていません。
”コロナ禍で在宅勤務をする事が増えた上に、休日も外に出ていないな”と思い、自分の生活を振り返ってみました。
朝は身支度を整えて出社し、帰宅後は食事を摂り風呂に入って寝て、休日は家の中で読書やネット。
そもそもコロナ禍とか関係なく、ただ単に出不精な人間でした。
こうしたルーチンワーク的な生活を送っていると時の移ろいに気が付けなくなる気がします。
いや、実際にこの一年間はがむしゃらに仕事をしていたらあっという間に過ぎ去ってしまいました。
”このままでは30代突入も体感時間で一瞬なのでは?”と危惧し、一番季節感を感じた前述の紫陽花を購入し母に贈り、祖母の墓前にも供えてきました。
ベランダに設置されたこの藍色の蕾が梅雨の到来と共に咲き誇り、季節感と共に時間の節目感覚を自分に教えてくれる事を期待しています。
また、理屈を抜きにしても花や植物を見ると気分が良くなることもあります。
皆さんも花屋に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
私からは猫草も、何とも言えない風情があっておすすめです。

2021年06月03日

一つ上に戻る

先頭に戻る